HOME > 投資家情報

投資家情報

株主・投資家のみなさまへ

平素は格別のご支援ご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

  当社は、「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」を使命とし、これまで誰も挑戦しないエリアに立ち向かい、新しいフロンティアを開拓してまいりました。

  平成13年に発売した家電・携帯電話向けJavaプラットフォーム「JBlend」では、携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開きました。
  今でこそ、スマートフォンをはじめ携帯電話でゲームをプレイすることは当たり前となっておりますが、平成13年当時、携帯電話でゲームをプレイすることは確立されていませんでした。そのような状況の中、携帯電話にJavaを組み込むことで、音声処理、画像処理の大幅向上が可能となり、「JBlend」は主要な携帯電話メーカーへの採用はもとより世界シェアの3割を獲得し、累計出荷台数も8億台を超える等、携帯電話のJava領域において大きな開拓を達成いたしました。

  そして、次の新しいフロンティアとして当社が開拓を目指す分野がIoT(Internet of Things)です。
  当社では、自社開発のIoTモジュール(ビーコン)により家電製品をはじめとしたモノのIoT化に加えて、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供してまいりました。
フィルター交換タイミングをお知らせすることで安心・安全に使い続けられる浄水器(※1)や、トイレ回数や餌や食事の回数等を確認することでペットの健康を見守ることができるペット関連商品(※2)、ネットにつながったアロマディフューザー(※3)等を実現しております。
  巷間には、IoTというキーワードが溢れかえっていますが、IoTでどうビジネスを展開するか、明確になっているケースは少ないと当社は考えております。「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトのもと、これまでの生活に豊かさをプラスするとともに、家電製品等の差別化やアフターサービスの向上、Eコマースへの誘導等を実現することこそが、当社が提案するビジネスです。この新しいビジネスを推し進めることで、当社IoTソリューションの収益性向上につなげてまいります。

  当社では、引き続きグループ一丸となって業績改善及び当社の技術や製品の認知度向上に取り組んでまいります。株主・投資家のみなさまにおかれましては、今後ともより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

アプリックスIPホールディングス株式会社
役員一同

旧来事業の整理とIoT事業の拡充イメージ

IoTソリューション IoT半導体 IoT特許 出版
topへ戻る